住所:北京市海淀区中関村北大街NO.127号 简体中文 | English | 日本語
ホームへ戻る ホテル紹介 客室の施設 レストラン レジャー 客室の予約 会議&宴会
 
  目的地情報
  場所
   
目的地情報  
北京は昔「燕京」、「北平」と呼ばれ、その歴史は大昔の「周」と言う時代まで遡れます。
今の北京は伝統文化を誇ると同時に、近代的大都市に変身しています。歴史と近代化との共存はその最大な魅力の一つとなっています。
北京は六朝の都であり、歴史の長い都市であります。古代建築物が多く残っています。北京は中華人民共和国の首都であり、「京」と略称されます。北京は中国の政治、文化及び国際交流のセンターであると同時に、博大、深厚な文化雰囲気も一杯あります。
有名な観光地では天安門広場、紫禁城、天壇公園、颐和園及び八達嶺長城などがあります。
天安門広場は現在世界で一番大きな都市広場であります。天安門広場は面積44万㎡であり、南北方向長さ880mで、東西方向広さ500㎡でもあります。故宮は昔紫禁城と呼ばれ、明代と清代の24名の皇帝の住む皇居であった、故宮は中国で最大の帝王居住地と古代建築物集中地として残されて来ました。天壇公園は昔「圜丘」、「祈丘」両壇の総称であり、ここは明代、清代の皇帝が天帝にお祭りをし豊作を祈る場所として、我が国及び世界現存の古代祭祀用の最大な建築物集中地であります。天壇公園の中には「三音石」と「回音壁」あり、八九百年以上の九竜柏などの古樹もあります。颐和園は昔「清漪園」という名前であった、乾隆皇帝の命令で作った皇室専用の公園であった。1860年イギリス、フランスの連合軍に火事で焼けてしまった。その後、慈禧西太后が10年間もかけて、沢山の軍費を流用して公園を作り直し、「颐和園」と名前を変更しました。颐和園は面積290.8公顷(290.8万㎡)もあり、特に中には3000以上の亭、台、楼、閣もあるので、中国では一番亭、台、楼、閣が多く集まっている処になります。八達嶺長城は中国で一番早い時期に旅行観光地になり、現存している長城の中に補修の一番良い長城であります。長城の砲楼の高さは7.8m、砲楼の上の広さは5.8mある。1987年、八達嶺長城は世界連合国組織機構(UN.)に「世界文化遺産」と命名されました。
会社紹介 | 連絡先 | 北京大学 | プライバシ-保護 | 北京大学博雅国際ホテルは著作所有権を保留 京ICP備08002465